“木鹿王”の読み方と例文
読み方割合
もくろくおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「われわれの申入れを承知して、数日の間に、木鹿王は自国の軍を率いて来ましょう。木鹿軍が来れば、蜀軍などは微塵です」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは西南の熱国に威勢を振るっている八納洞長木鹿王に力を借りるしかない。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
孟獲は前日の勝ちにって気負いきっていた。木鹿王と共に陣頭に現われて
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)