木鹿王もくろくおう)” の例文
「われわれの申入れを承知して、数日の間に、木鹿王は自国の軍を率いて来ましょう。木鹿軍が来れば、蜀軍などは微塵です」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは西南の熱国に威勢を振るっている八納洞長木鹿王に力を借りるしかない。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
孟獲は前日の勝ちにって気負いきっていた。木鹿王と共に陣頭に現われて
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)