“母猫”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おやねこ50.0%
ははねこ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“母猫”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
母猫おやねこ大黒おほくろ猫の闇に坐り大まかに啼く子を産み落し
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
人間のこしらえてやった寝床ではどうしても安心ができないと見えて、母猫ははねこはいつのまにか納戸なんどの高いたなの奥に四匹をくわえ込んだ。
子猫 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)