“歩金”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶきん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“歩金”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 経済 > 経済学・経済思想14.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
磯吉いそきちは、じぶんも豆腐とうふや油あげを売り歩いてもらった歩金ぶきんを貯金していたのだ。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
歩金ぶきん取引等が行われると想像せよ。