“柔々:よわよわ” の例文
“柔々:よわよわ”を含む作品の著者(上位)作品数
内田魯庵1
“柔々:よわよわ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
風采からいっても、美妙は色白いろじろ柔々よわよわしい、ドチラかというと少し柔気にやけて、如何にも「詩人でございます」といったような美男であったが、紅葉は色の浅黒い、にがみ走った、スッキリと背の高い江戸前の、美男というよりは好男子という方であった。
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)