“木槵樹”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もくろじゅ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“木槵樹”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そのとき、一人のせた若者が、生薑しょうがを噛みつつ木槵樹もくろじゅの下へ現れた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
ふくろう木槵樹もくろじゅの梢を降りて来た。そして、嫁菜よめなを踏みながらむらが薏苡くさだまの下をくぐって青蛙あおがえるに飛びついた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)