“木偶人形”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
でくにんぎょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“木偶人形”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「そうはいきませんわ。わたしだってこんないんちきな稼業をしていますけれども、木偶人形でくにんぎょうじゃあありませんからね。見栄みえも外聞もありますわ」
宝石の序曲 (新字新仮名) / 松本泰(著)
「あははは。怒ったのか。——お供物くもつ泥棒の木偶人形でくにんぎょうが」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)