“早状”の読み方と例文
読み方割合
はやじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
といって、重喜は、今手にとった早状を一読すると、それを三位卿に渡し、自身は近習の者と一緒に、望楼を下りていった。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこへ、船手組取次早状が一通、近習の手をへてかれの前へ届けられた。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)