“早抜”の読み方と例文
読み方割合
はやぬ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嵯峨流手明灯やそれらの利用などを考え合せるに、この一流の黒衣も忍者の故智を盗んだものにちがいなく、しいて名づければこう申しましょうか——白浪流早抜きの黒衣。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)