“旧城趾”の読み方と例文
読み方割合
きゅうじょうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旧城趾やその他の荒れ地に勢いよく茂った雑草は見るから気持ちがよかった。そういう所にねころんで鳥の歌、のうなりを聞くのは愉快であった。
路傍の草 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)