“日道”の読み方と例文
読み方割合
にちだう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
品を生んだ守範の妻が、麻布盛泰寺日道と云ふ日蓮宗の僧の女であつたと云ふ所から考へても、守範は江戸の浪人でゐて、妻をつたものと思はれる。
椙原品 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)