“日経”の読み方と例文
読み方割合
ひだち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こうしては如何でしょう。いずれお産婦の日経がすぎれば、お告げしなければなりませんが、今は、やはり隠しておいて、何か方便をもうけて嬰児さんを抱いて来ては」
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)