“日本麻雀選手權大會”の読み方と例文
読み方割合
にほんマアジヤンせんしゆけんたいくわい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつかの日本麻雀選手權大會のやうに百も百五十もの人達が一つてふとなれば、紫檀卓子でぢかになどといふことはそれこそ殺人的なものになつてしまつて
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)