“日月輪”の読み方と例文
読み方割合
にちぐわつりん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
乗円 大恩教王の御教は日月輪の如く明かれども、波羅密多の岸は遠く、鈍根痴愚の我等風情に求道の道は中々の難渋、それ故に互にめ励まし、過あれば戒めらし、よしやは遅からうとも
南蛮寺門前 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)