“日月星昼夜織分”の読み方と例文
読み方割合
じつげつせいちゅうやのおりわけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日月星昼夜織分——ごろからの夫婦喧嘩に、なぜ、かかさんをぶたしゃんす、もうかんにんと、ごよごよごよ、と雷のが泣いて留める、浄瑠璃だけは、一生の断ちものだ
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)