“故父:ちち” の例文
“故父:ちち”を含む作品の著者(上位)作品数
長谷川時雨2
林不忘1
“故父:ちち”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
末の妹がまだ少女の時分、口ばかり達者だといつて、よく故父ちちが、
きもの (新字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
末の妹がまだ少女の時分、口ばかり達者だといつて、よく故父ちちが、
きもの (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
床の間に、故父ちちの遺愛の品々が飾ってある。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)