“放辟邪侈”の読み方と例文
読み方割合
ほうへきじゃし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いやしくも恒心なくんば放辟邪侈、ますます道に遠ざかるを免れざるに至るを信ずるがためのみである。
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)