“改悔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かいかい50.0%
かいくわい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、父上陛下の御名誉のため、何にも御存知なき兄君陛下の御名誉のため、今一度そなたに最後の改悔の機会を与えようと決心するに至った。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
吾人の必らず記すべきことは、吾人は理想の中にくる者に非ず、実地の世界に立つ者なることなり。所謂、改悔救拯、信仰復活の如きは総て想考的のものに非ずして、経験的のものたることなり。
信仰個条なかるべからず (新字旧仮名) / 山路愛山(著)