“播伝”の読み方と例文
読み方割合
はでん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世間一般に実事は一円馬耳風にて御頓着なし。ゆえに拙者やむをえずに社中の諸賢に望みまするは、この法をあまねくわが国の農家へ播伝実行せしむる手段の垂示を賜わらんことの一事でござる。
禾花媒助法之説 (新字新仮名) / 津田仙(著)