“撥調”の読み方と例文
読み方割合
ばちしら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しきりに笛に合せ撥調べをしていますが、中にひとり立って、鎌倉舞の稽古をしているお百姓も、麦を踏み大根を抜く日にやけた素面素手
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)