“撞杖”の読み方と例文
読み方割合
キユウ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
入口の戸に近く、此方に背を向けて撞杖を揮へる高き一男子あり。今のきざまや巧なりけん、人々喝采せしに、に我に骨牌を勸めし少女も彼男子の面を覗きて、笑みつゝ何事をかさゝやきたり。