“撓屈”の読み方と例文
読み方割合
とうくつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この感覚鋭敏のときにあたり染習せし者は、長ずるに及んでこれをんとするもべからざる、なお樹木の稚嫩なるとき、これを撓屈すれば、長ずるにでついにこれをくすべからざるがごとし。
教育談 (新字新仮名) / 箕作秋坪(著)