“撓枉過中”の読み方と例文
読み方割合
ぜうわうくわちゆう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
且つ従正は瀉を用ゐるに、殆所謂撓枉過中に至つて顧みず、瀉を以て補となすと云つた。これは世医の補に偏するを排せむと欲して立言したものである。蘭軒はかう云つてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)