“撃摧”の読み方と例文
読み方割合
げきさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山崎、円明寺川の線に、明智勢を撃摧した南軍の堀、中川、高山、蜂屋などの諸部隊は野を吠え、草を掃いて
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
淀を右塁とし、勝龍寺の城を左塁とし、能勢、亀山の諸峰と、小倉之池にめられたこの京口の隘路を取って、羽柴軍を撃摧せんとなす準備行動のそれは第一歩とみられた。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)