“摺染”の読み方と例文
読み方割合
すりぞめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つまり実際に摺染せずに薫染するような気持と解するのである。また、榛は新撰字鏡に、叢生曰榛とあるから、灌木の藪をいうことで、それならばやはり黄葉の心持である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「思ふ子が衣摺らむに匂ひこせ島の榛原秋立たずとも」(巻十・一九六五)等の、衣摺るは、萩花の摺染ならば直ぐに出来るが、ハンの実を煎じて黒染にするのならば、さう簡単には出来ない。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)