“摩擦發火法”の読み方と例文
読み方割合
まさつはつくわはう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
く行はるるは摩擦發火法なるが是に又一の木切れに他の木切れをてての如くに運動さする仕方も有り
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)