“摩擦法”の読み方と例文
読み方割合
まさつほう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人間の取り扱が俄然豹変したので、いくらゆくても人力を利用する事は出来ん。だから第二の方法によって松皮摩擦法をやるよりほかに分別はない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)