“摩擦音”の読み方と例文
読み方割合
すりおと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
気のせいではないかと思って、押入れの板戸に耳をつけて(それを開くことはどうしても出来なかった)聞いて見ても、やっぱり物凄い摩擦音は止んではいなかった。
お勢登場 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)