“摂像”の読み方と例文
読み方割合
せつぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは和泉国血渟山寺に安置せられていた吉祥天女の摂像についての出来事である。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)