“搗砕”の読み方と例文
読み方割合
つきくだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その代り目の廻るほど忙しきは下女の役、一人はに南京豆を炮烙にてり、一人は摺鉢にて搗砕く。妻君客を
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)