“搗摧”の読み方と例文
読み方割合
つきくだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて權六という米搗が、東山家に数代伝わるところの重宝白菊の皿を箱ぐるみ搗摧きながら、自若として居りますから、作左衞門はりまして、顔の色は変り、唇をぶる/\わし
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)