“揮良夫”の読み方と例文
読み方割合
こんりやうふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太子は從者に運ばせた牡豚を殺して父にはしめ、太子としての己の位置を保證させ、さて揮良夫の如き奸臣はたちどころに誅すべしと迫る。
盈虚 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)