“握締”の読み方と例文
読み方割合
にぎりし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若い女は丈伸をするほど手を延ばして吊革握締める。その袖口からどうかすると脇の下まで見えきそうになるのを、と気にして絶えず片手でメレンスの襦袢の袖口を押えている。
深川の唄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)