“握玩”の読み方と例文
読み方割合
あくがん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二十二歳、建暦三年十一月、定家は家重代の宝であった『万葉集』を献じたので、実朝は非常に喜んで、握玩かなかったことが『吾妻鏡』に見えている。そして十二月に『金槐集』が出来た。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)