“握具合”の読み方と例文
読み方割合
にぎりぐあい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後に長官荻沢はの取残されし大鞆に向い「うだ貴公も何か見込を附けたか、今朝死骸をめて頭の血を洗ったり手の握具合に目を留めたりする注意は仲々素徒とは見えんだッたが」
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)