“揚梅”の読み方と例文
読み方割合
あげうめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
剣璽(剣と鏡と天子の印)は、一条ノ右中将実益揚梅ノ右少将資持らがささげて、御使にたち、沿道には、折ふし入京していた近江の佐々木道誉の兵が、例の、派手やかな軍装で立ちならんだ。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)