“揚底”の読み方と例文
読み方割合
あげぞこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは博多の神屋宗湛から借りた真壺だ。よく似せてあるが、呂宋ではない。真物真壺は、もうすこし茶の色が深く、いちめんに鶉斑が出て、揚底になっている。
呂宋の壺 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
肩下のあたりに、蓮華の花びらが透しになって、その中に、あるかなしかというように「王」という字が見える。底を見ると、話に聞いたとおり高い揚底で、底にの凹みがある。まさしくこれだ。
呂宋の壺 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)