“掴煙草”の読み方と例文
読み方割合
つかみたばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勘蔵は下谷大門町に烟草屋を、新吉は始め貸本屋へ奉公していたが、のち掴煙草を風呂敷に包みほうぼう売り歩いている。