“掲諦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎゃてい66.7%
ギャテイ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところでいま、かりにそれをしいて翻訳してみると、最初の「掲諦」とはつまり「くことに於いて」という意味です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
随え叶えと三遍唱えて掲諦掲諦はらそう掲諦ぼうしい娑訶と唱えて飼えば、いかなる狂馬も汗をかき申すべきなり秘すべしとあるが、今時そんな真似をすると人自身の方が狂馬のように見える。