“掲句”の読み方と例文
読み方割合
あげく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盡した掲句、あんな商賣をして居りましたが、子供達がやかましくつて、義兄へ詫を入れることになつてから、早いもんで、——もう三年になりますよ、へエ