“掲陽嶺”の読み方と例文
読み方割合
けいようれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すっかりが戻って、本来の気のいい人間に返っていたため、旅の二十日余りは、とまれ無事でやかだったが、いよいよ目的地の江州もほど近い掲陽嶺にいたって
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この掲陽嶺を越えれば、まもなく道はかの白楽天の“琵琶行”でも有名な潯陽江の街を見る。——そして水と空なる雄大な黄色い流れは、いわずもがな、揚子江の大河であった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ゆうべ済州から来た奴のはなしでね、宋公明っていう人が、この江州へ流されて来るってんで、日どり、道すじをただしてみると、どうしてもここ二、三日中には、この掲陽嶺を通るはずだ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)