“掲陽鎮”の読み方と例文
読み方割合
けいようちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やいっ、どこの馬の骨かしらねえが、この掲陽鎮へ来て、よくも無断で洒落くせえヘボ武芸をに、大道かせぎをしやがったな。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
風をむ帆ばたきもつかのま、江を下るのは矢の如しである。着いた所は掲陽鎮郊村穆家、すなわち穆春兄弟のやしきだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「李俊です。お忘れのはずはない。掲陽鎮の峠茶屋でお目にかかり、またおとといの夜はてまえの家にお泊りねがってお別れしたばかりでした」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)