“掲示場”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けいじば100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“掲示場”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その連中の主催する音楽会が近々築地つきじ精養軒せいようけんで開かれると云う事は、法文科の掲示場けいじばに貼ってある広告で、俊助も兼ね兼ね承知していた。
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
という吉報を掲示場けいじばからもたらした。級生一同は、
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)