“掛硯筥”の読み方と例文
読み方割合
かけすゞりばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
出させ三郎兵衞を饗應ながら猶帳合をなし居ける邸方よりひ殘りの掛合などありて四郎右衞門も忙敷たり立たりせしれに三郎兵衞は掛硯筥の上に置たる彼の百兩を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)