“掘通”の読み方と例文
読み方割合
トンネル100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
掘通を締めて出て行くボストンの跫音が聞えた後は、固形化したような空気が四方から彼を包んで、水準下の不気味な静寂に耳を透ましていた為吉は
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
低い掘通から灰の一も溜まっている停泊用釜へ這上って、両脚が一度に這入らない程の穴から為吉は水管の組合っているの外側へ身を縮めた。火の気のない釜の外は氷室のように冷えていた。
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)