“排棄”の読み方と例文
読み方割合
はいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたしはどうかしてこの野卑蕪雑なデアルの文体を排棄しようと思いながら多年の陋習遂に改むるによしなく空しく紅葉一葉の如き文才なきをじている次第であるノデアル。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)