“排悶的”の読み方と例文
読み方割合
はいもんてき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼らが題せる一字一画は、号泣涕涙、その他すべて自然の許す限りの排悶的手段を尽したるなおく事を知らざる本能の要求に余儀なくせられたる結果であろう。
倫敦塔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)