“捲取機”の読み方と例文
読み方割合
ローラー100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多分非常に驚いた彼は、急いでロープを捲取機の何処かへ引っ掛けて、バルーンの上昇を牽制しようとあせった事でしょう。
デパートの絞刑吏 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
喬介の言葉に、係の男は一寸不審気な表情を見せたが、間もなく作業手袋を嵌めて、捲取機のハンドルを廻し出した。
デパートの絞刑吏 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
即ち、最初バルーンを降す時に驚きの余り急いだため捲取機を使用せずに直接手で手繰り降してしまった事です。
デパートの絞刑吏 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)