“捨植”の読み方と例文
読み方割合
すてうえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生籬の萩が葉を見て花を見てあとはられて萩籬の料になったり、林の散歩にぬいて来て捨植にして置いた芽生の山椒が一年中の薬味になったり、構わずに置く孟宗竹のが汁の実になったり
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)