“捨去”の読み方と例文
読み方割合
すてさり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
我ら意志の深底より世と世の捨去てのち始めて我らの心霊も独立し世も我らのものとなるなり、き、て得る、基督教の「パラドックス」(逆説)とはこの事をいうなり
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)